ネオトレンドアフィリエイトを購入する上での疑問&質問に答えます!

~Q&Aをまとめてみました~

実際に、読者から頂いた質問をもとに
ネオトレンドアフィリエイトを実践する上での疑問点
や質問をまとめてみました。これから実践しようと
思っているかた、是非、参考にしてみてください。

 

 

 

1.費用はどれくらいかかりますか?

 

A.費用はまず教材価格の12800円。

そして、当教材ではワードプレスというブログサービスでサイトを
運営していくため、別途、「独自ドメイン料金」+「サーバー代金」がかかります。

ただ、このふたつを合わせても月額1200円程度です。
ご自身で別の安いサーバーと契約すればもっと安く費用を
抑えることも可能です。

あと、どうしても無料ブログでやりたい場合は無料で行うこともできます。
有料ブログか?無料ブログか?それぞれのメリット、デメリットを
確認した上で判断してみてください。

 

2.ネットビジネスはおろかパソコンすら全く
できない初心者でも大丈夫ですか?

A.はい、大丈夫です。

そもそも最初はみな初心者ですよ。
だから、初心者だからといってなにも怖がる必要はありません。

実際、僕もパソコンすら触れない状態で始めましたが
今では大きな収益を上げることができています。

アフィリエイトはなにも難しいものじゃありません。
ちゃんと正しい知識を学んで勉強すれば、いまの現状が
どうであれ、どんな人でも数ヶ月あれば稼ぐことができます。

なので、初心者だからという言葉を言い訳にしないで、
勇気をもって取り組んでみてください。

 

3.本当に稼げるのでしょうか?

A.もちろんです。

まあ正直、これに関しては自分の努力次第ですね。

ただ、ちゃんとやれば月収10万円くらいなら誰でも稼げます。

正しいやりたかを学んでその通りに実践すれば、
ちゃんと成果は出ますよ。

僕も今までいろんな人をみてきましたが、ちゃんと取り組んでいる
人はちゃんと結果を残しています。逆にちゃんと取り組んでいなかったり、
途中で諦めてしまった人はもちろん稼げませんけど・・・

また、教材のコンセプトは月収10万円を目標にしていますが、
十分にそれ以上を目指すことも可能です。

というか月に10万円くらいで満足しないで僕はもっと
上を目指してほしいと思いますね。

 

4.作業量はどれくらいですか?

 

A.作業量は一日2~3時間は確保してください。

これはあくまで個人的な意見になりますが、
これくらいはやってほしいですね。

もちろん作業量を増やせば増やすほどより早く大きな金額を
稼げるようになると思います。逆に作業量があまり取れないからといって
なにも心配することはありません。

書いた記事は書き溜めていけば資産になりますし、
頑張って続けていたら勝手にアクセスが集まってきて
勝手に報酬が発生する仕組みを構築することもできます。

実際、僕も日給1万円くらいなら勝手に発生しています。

あと、アフィリエイトのいいところは自分のペースで進めれる
ところですからね。たとえ、1日1時間しか取れなくても、
コツコツと継続していけば問題ありません。

自分のペースでゆっくり進めていきましょう♪

 

 

5.はやく稼ぐことはできますか?

 

A.開始数日で大きな金額を稼ぐことは難しいです。

初心者がいきなり1週間や2週間で稼ぐことは
ほぼ不可能だと思っておいてください。

ただ、先ほどもいいましたが、アフィリエイトは積み重ねが効きます。
書いた記事は資産となり、なにもしなくてもほったらかしで稼ぐ仕組みを
構築することができます。

頑張って続けていたら、後からどんどん作業量を減らして楽を
できるのがいいところです。

ただ、その基盤を作るのには1ヶ月はかかります。
その期間は辛抱して頑張って記事を更新していきましょう。

 

 

6.他のトレンド教材を持っているので買うか迷います。

 

個人的には従来のアフィリエイト教材で稼げなかった人こそ
この教材を手に取ってほしいと思っています。

現に、プライドや下剋上で稼げなかった人の多くが
当教材で成果を挙げられています。そして、そのために
僕の特典もあるわけです。

僕の特典はとくに、教材として販売できないような具体的なノウハウや
稼げたキーワード等をそのまま暴露しているので、従来のトレンド教材を
持っていたとしても、かなり参考になる部分はあると思います。

実際、僕はトレンドアフィリエイトだけで日給8万円を突破しましたし、
3日間で20万円以上の金額を稼ぐことにも成功しました。

その時にどういった穴場を狙って記事を作成したのか?
より具体的なことを特典でお話しています。

なので、興味があれば是非参考にしてみてくださいね。

 

あと、ほかになにか質問がある場合や疑問がある場合、
積極的に受け付けています。
以下のお問い合わせフォームより気軽にどうぞ↓

 

⇒お問い合わせはこちら

 

コメントを残す